便座さんです プチ日記  Since 1999.3.29  表紙  日記過去ログ一覧   メール


5月7日(金曜) 夜

 いつもジョギングしている近所の河川敷の雑草が刈り取られました。

 一挙にやるのは大変なのでしょうか、片側ずつ刈られていますが、それでも散髪したようなサッパリ加減です。草が生い茂ってくると人が通れなくなってしまうので、草には申し訳ないですが、刈り取ってもらって大変助かります。

 ただ、例年のことですが、草がなくなると出てくるのがゴミ、ゴミ、ゴミ……。

 草は刈り取るけれどゴミは処分しない。お役所仕事だなーとも思いますが、仕方ありません。というか、こういうスナック菓子の袋などを持ち帰らないという神経がよく分かりません。全然重いものじゃないし、帰りにどこかのゴミ箱に捨てるくらい大した負担じゃないと思うんですけどねえ。

 それでも、草が刈り取られた後は、虫とか種とかがよく見えるのか、野鳥がいろいろ来ていました。

−−−

 夕食。

 

 ヨコワの刺身、野菜&ポテトサラダ、もずく酢、しいたけのマヨチーズじゃこ焼き、豚肉とズッキーニのトマト煮、小松菜とお揚げのお汁、ニラと黒豆納豆の巣ごもり、もろきゅう。

 

5月6日(木曜) 夜

 国がいわゆる「赤木ファイル」の存在を認めたことがニュースになっています。

 今頃になってようやくか……と思う一方で、よく今頃になって存在を認めたというか、証拠である文書が隠滅されず残っていたものだという気もしましたが、考えてみたら、こういった事柄の本質は責任回避でしょうから、官僚の誰もが「証拠となる文書の隠滅指示」を出そうとせず、アンタッチャブルな存在のまま金庫の奥深くに眠っていたのかもしれないですね。

 まァ、かと言って、「何かあったとき、証拠隠滅の全責任はオレが取るから、即刻、焼却処分しろっ!」なんていう男気(?)のある官僚がいたとしても、ちょっとどうかとは思いますが。

 それとも、コロナなど他の問題から国民の目を逸らすことを目的とした一手だったんかなとか考えてしまいますが、こんなことばかり考えさせられるのって心底嫌ですわー。

−−− 

 夕食。GWが終わった途端に平常運転です。

ブリの煮付け、野菜&ポテトサラダ、豚肉と玉ねぎの炒め煮、じゃこおろしポン酢、小松菜とお揚げのお汁、もろきゅう、ニラと黒豆納豆の巣ごもり。デザートに「まるごとバナナ」。

 

5月5日(水曜) 夜

 けっきょくほとんど家で過ごしたGWです。

ドラクエ最新作の11をお試しでプレイしていたのですが、凝りすぎていてちょっとメンドウになってきて、今度は元祖ドラクエ1をやってました。
 
GWは手抜きの気抜けごはんのオンパレードでした。ちりめん山椒ごはんに余りものとオイルサーディンで白ワインとか。
 
近所のスーパーで買ってきた寿司と、とろろ芋で日本酒とか。
   
レンジご飯に缶タイカレーをぶっこんで玉子とキムチをのせたものと、カレーヌードルで緑茶とか。
   
雨天でも近所の川べりジョギング。ゴアテックスの登場によって、雨天時の野外活動が飛躍的に快適になりました。
 
ミミズってどうして道路に出てくるんでしょうねえ。雨が降ってる日はまだいいですが、こういうのが晴天時に干からびてカチカチになるんでしょう。 勝手に道路を作る人間のほうが悪いのかもしれませんが…。

 

5月3日(月曜) 夜

 遠出するわけにもいかず、自宅で飲んだくれたり、近所をブラブラしたりしているGWです。

「ロカヴォ」にてテイクアウト弁当(ハンバーグ&海老フライ。1300円)。赤ワイン1本。
 
翌日はいつもの川べりジョギング6km。アザミがいよいよ咲いてきました。
 
中書島の川べりにて、「鳥せい」で買い込んだ弁当を使ってチョイ呑み。
  
人がいないところを探すGWです。

 

4月30日(金曜) 夜

 2日前に受けた新型コロナワクチンですが、気になっていた腕の痛みもすっかり消失して、平常運転になりました。

 今回のワクチンについては、事前にいろんな情報が行き交いすぎて、受けるかどうか判断に迷う気持ちも当初はあったのですが、自分なりに信頼している人たちがそろって肯定されていたので、受けることにしたという経緯があります。メディアリテラシー云々と言えるような知識が自分には無いので、いかにして信頼できる人とそうでない人とを見分けるかが肝要になってきます。

 それでも時折、「新型コロナワクチンを受けた人たちが数年後、続々と謎の突然死を起こして……」とか何とか、B級C級ホラー映画みたいな非科学的空想をしてしまうことがあります。 

 ただ、もしそんなことになったとしても、だったらワクチンを受けないほうがよかったかというとそうではない気がします。なんとなれば、ほとんどの人がワクチンを受けている中で、ワクチンを受けなかった自分が生き残るということは、知人友人はみんな亡くなってしまった世の中で、ワクチンを拒んだ一握りの人だけで生存していくわけで。

 うわー、そんな世界で生きていくのは嫌すぎる! と思ったところで空想は終了しました(笑)。

−−−

 夕食。

 鰆の煮付け、野菜&ポテトサラダ&生ハム、ひじきの煮物、鶏肉のカレー煮、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、焼きピーマンのおかかポン酢、焼き厚揚げの黒コショウおかか醤油、モロキュウ。デザートにモンブラン。

 

4月29日(木曜) 夜

 昭和の日で休みでしたが、緊急事態宣言中で天気も悪かったので、ずっと家でゴロゴロしてました。

 具体的に何をしていたかと言いますと、まずはiPhoneでラジオを聴けることが分かったのでラジオ鑑賞としゃれ込んでおりました(笑)。FMとAM、それぞれどうでもいい歌番組など聴きながらの昼寝。5Gスマホでやってることは、結局ラジオかよと自分でも思います。

 朝昼兼用の第一食は、ありあわせのタイカレーと、焼きいも。

 その後は、ドラクエ5を完全に解いてしまったので、最新作のドラクエ11パソコン版の冒頭部分を無料体験できることを知ったので、ダウンロードしてちまちまやっていたら夕方になりました。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ、豚肉と玉ねぎのにんにく炒め、小松菜とお揚げのお汁、ひじきの煮物、キムチとニラの冷奴。

 

4月28日(水曜) 夜

 新型コロナワクチンの接種翌日。

 昨夜、寝る前くらいから、接種した腕というか肩の痛みが少し強くなってきて、夜中に1〜2回、打撲したような痛みで目が覚めました。あと、長めにジョギングした後のような軽いけだるさ(…から心身の爽快感を差し引いた感じ)がありましたが、まァその程度で、眠れないほどではありませんでした。

 ただ、右側の腕に打ってもらったのは正解だった気がします。反対側だったら寝にくかったかも(昨日の日記参照)。あと倦怠感は、ノセボ効果かもしれません(笑)。

 翌朝には痛みもけだるさも半減していて、発熱することもなく、本日はいつも通り普通に仕事をしてきました。

−−−

 夕食。

  鮭とキノコと玉葱のホイル焼き、野菜&ポテトサラダ&生ハム、小茄子の漬物、白ワイン、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草と納豆の巣ごもり、キュウリ&竹輪のマヨ&梅肉添え。デザートにカヌレ。

 

4月27日(火曜) 夜

 端くれながら医療分野の職場の仕事に携わっている関係で、本日、医療従事者への先行接種として新型コロナワクチンの1回目を受けさせていただきました。本当にありがたい限りです。

 注射を打ったときはほとんど痛みもなく、ちょっとチクッとしたかなー? くらいの感覚でしょうか。

 接種後30分間は副反応の様子を見るため待機するよう指示れさたので、座って過ごしていたのですが、とくに何事もなく、数分も経てばどこに打ったのかすら分からなくなりました。

 接種して数時間が経つあたりから、若干の筋肉の痛みとゴワゴワした感じが出てきましたが、発熱等は今のところとくにありません。

 ちなみに、打つのを左腕にするか右腕にするかという微妙な問題があります。腕が挙げられなくなるほどの痛みが出る人もいるとのことで、利き腕を避けて左腕に打つ人が多いらしいのですが、自分の場合、就寝するとき左半身を下側にして寝る習慣があるので、左腕が痛くて寝れなくならないよう、右腕に打ってもらいました。

 1回目よりも2回目の接種後のほうが副反応が強く出やすいそうなので、今回大丈夫でもあまり油断はできないのですが、ひとまずこんな感じで過ごしております。

−−−

 夕食。

 ヒラマサの魚卵とアラの煮付け、野菜&ポテトサラダ、ニラと納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、煮鶏、ほうれん草のオキアミポン酢、ひじきの煮物、スナップエンドウのごまマヨ和え。デザートにくるみ羽二重餅(頂きもの)とロールケーキ。

 

4月26日(月曜) 夜

 週末のようすです。

イタリアン「トレヴァッリ」にて、カルパッチョその他で白ワイン1本。最終入店18時30分で20時完全閉店というタイトさながら、いつも通り美味しくいただくことができました。
 
翌日の昼食は自宅にて、タイのタイカレーというダジャレのような適当一皿。イタリアンは「魚と肉を一緒に食べない」習慣があると聞きますが、タイ料理はOKでしょう。こんな料理、店で出てきたらちょっと嫌ですが(笑)。
 
大岩山ジョギング9km。登りも下りもキロ6分ジャストで。
  
ツツジが満開の伏見桃山城公園。
 
夕食は551の肉まんとシウマイで白ワイン1本。
 
しょうもなさ全開の写真ばかり撮っているので、iPhoneにこんな案内が出ていて恥ずかしいですわ。ウラジオストクとか世界レベルで、我が家のシウマイ食卓。

−−−

 夕食。

 ヒラマサの魚卵とアラの煮付け、野菜&ポテトサラダ、煮鶏、ほうれん草のオキアミポン酢。小松菜とお揚げのお汁、キムチとニラの冷奴、ひじきの煮物、スナップエンドウのごまマヨ和え。デザートにくるみ羽二重餅(頂きもの)と、ロールケーキ。

 

4月23日(金曜) 夜

 京都も明後日から再び緊急事態宣言で、週末の外食も難しくなりそうです。

 こんな時期ながらというか、こんな時期だからというか、近所に住んでいる同僚との雑談で、よく行く飲食店の話をしていたんですが、お店の話というのは余計な気を遣って難しいところがありますね。

 というのも、たとえば自分がAという店の料理が好きで、Bという店の料理が嫌いだとします。だからと言って、相手にそれをそのまま伝えると、相手の意に反してしまう可能性があります。「あんな不味いA店が好きなの? 名倉さんって馬鹿舌じゃない??」と思われる可能性もありますし、「私が好きなB店をけなす名倉さんって信じられない……」と思われる可能性もあります。

 なので、どうしても相手の意向を探ろうとして、「A店は行ったことありますよ〜」「どうでした〜?」といった、いささか歯切れの悪い会話になりがちです。相手の意向が分かれば、ある程度はそれに迎合するなり同調するなりして、無難な雑談を続けることができるんですが、たいていは相手も同じような作戦で、こちらの以降を探ってくるので、最近はこういう探り合いを味わうことにしています(笑)。

 ちなみに自分の場合、好きな店は「よく行きますね」、嫌いな店は「行ったことありますね」という言い回しに(半ば無意識のうちに)なってます。 ま、個人それぞれ好き嫌いあっていいし、いろんな意見の人がいるのが当たり前だとは思うんですが、頭ではそう思っていてもなかなか難しいところですわ。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ、紅茶豚&チンゲン菜、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、玉子豆腐、焼きピーマンのおかかポン酢、ほうれん草のオキアミポン酢。デザートにりんご。

 

4月22日(木曜) 夜

 一度でいいから言ってみたいセリフのひとつに、「一周まわって、結局こうなった」があります。

 酸いも甘いも噛み分けた結果というか、ある事柄を極めてみたら最後は出発点に戻ってきた、みたいなニュアンスでしょうか。

 自分には何かを極めたことなどちっともないのですが、それだけに憧れのようなセリフであるような気がします。

 まァ、多少なりとも凝った事柄はいくつかあります。たとえば庖丁にしても、薄刃やら出刃やら柳葉やら菜切やらペティやら白紙やら青紙やら銀三やらアレコレ15本以上買い込んだ挙句、現在使っているのはステンレスの三徳包丁だったりしますが、いまだに本職の研ぎ師のようにピシッと刃を付けることはできず、「一周まわって〜」と言うには程遠い状態ですし……。

 ところで、こういう「一周」をぐるぐる極めつつ回り続けて、「いま17周半目だよ!」なんていう人がいたら、これはこれでカッコイイのかオカシイのかよく分からないですね。

−−−

 夕食。

 カレイの煮付け、野菜&ポテトサラダ、もろきゅう、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、赤キャベツの酢漬け、紅茶豚&チンゲン菜。デザートにまるごとバナナ。

 

4月21日(水曜) 夜

 先日買った新しい腕時計のベルトがいまひとつフィットしないので、自分で調べてみたり、時計屋さんに調整してもらったりしてました。

 それで、ひとつ分かったことがあります。金属ベルトの長さ調整って、コマの付け外しで行うのですが、長さはもちろんのこと、同じ長さであっても左右のバランスが意外と大切なのです。

これが「良くない例」です。バックルを閉じた状態で、文字盤を水平にしたとき、バックル部分が水平になっていないので、腕に巻いたとき安定せずズレやすくなります。
 
これが「良い例」です。バックルを閉じた状態で、文字盤を水平にしたとき、バックル部分が水平になっているので、腕に巻いたとき安定してフィットするので快適です。

 もしかしたら常識なのかもしれませんが、自分の中ではちょっとした「へぇー」体験だったので書いてみました。

 まァ個人の好みもあって、あえてズレやすい状態にする人も中にはいらっしゃるようですが(ただしその場合も、手前側にズレやすくするほうが文字盤が見やすいらしいです)、自分の場合はバックルが水平になっているほうがグッと快適に感じます。

 金属ベルトの腕時計をお使いの方、よければ一度見てみてください。

−−−

 夕食。

 鯛の塩焼き、野菜&ポテトサラダ、豚肉と玉ねぎの炒め煮、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ニラの中華風辛し和え、もろきゅう、ほうれん草のオキアミポン酢。デザートにまるごとバナナ。

 

4月20日(火曜) 夜

 有休消化で一日休みでした。有効利用するぞ〜! と臨みました。

伏見・中書島の「つけ麺・きらり」にて、海老つけ麺(大盛)と〆ちょい雑穀米。日祝は長蛇の列ができるので平日の開店直後に行きましたが、それでも5人くらい待ちました。
 
帰宅して久しぶりにトイレ掃除しました。芳香剤も入れ替えてスッキリ! 関係ないですがマルセル・デュシャンが好きなので、便器にR.MUTT
の泉シールを貼ってます。
 
そしていつもの川べりジョギング12km。その後、アマプラでヒューボーン映画鑑賞。充実した休日です(笑)。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け野菜&ポテトサラダ、ニラの中華風辛し和え、小松菜とお揚げのお汁、鶏煮、ほうれん草のじゃこポン酢、スナップエンドウのごまマヨ和え。デザートにモンブラン。

 

4月19日(月曜) 夜

 週末のようすです。

散髪に行って帰宅が遅くなったので、夕食はありあわせで、赤キャベツの酢漬け、チョコレート、オイルサーディン、チーズで白ワイン1本。
 
新緑がいい感じの季節になってきました。
 
アカツメグサもピークを迎えました。いつもの川べりジョギングにて。
 
つい撮ってしまうタンポポ。綿毛ボーボーです。
 
いつもの松本酒造前にて。柄にもなく両手を広げてみました。
 
翌日は京都駅地下の「東洋亭」にて、ハンバーグセット+目玉焼きで赤ワイン1本。ここのハンバーグが自分の中で、ある意味「基準」になっている感じです。安定の安心の旨さ!!
   
京都駅ビルの美術館「えき」にて、デビッドボウイ写真展を見てきました。いやー、いつ見てもカッコよろしいですな。生まれ変わったら、こんなイケメンになってみたいものです。
  
デビッドボウイの写真を観た後、京都タワー地下の京都SANDOにて焼き鳥&冷酒。
 
翌日はスーパーの弁当(ささやかながら筍で季節感)と、しょうもないとろろ蕎麦(心の底から不味い!)  

−−−

 夕食。

  鰆の塩焼き、野菜&ポテトサラダ、ニラの中華風辛し和え、小松菜とお揚げのお汁、山芋のあおさ焼き、ほうれん草のオキアミポン酢、牛肉と玉ねぎの炒め煮。デザートにチーズケーキ。

 

4月16日(金曜) 夜

 気がつけば世間ですっかり幅を利かせていて、半ば本能的に辟易してしまうセリフのひとつに、

 「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」

 という風なのがあります。

 まァ確かに、過去と未来に関してはそうかもしれません。……いや、過去は変えられないと言ってもどう見るかによって意味合いは全然変わってくるし、未来は変えられると言ってもいつかは死ぬとか変えられない未来もあるしと思ったりもしますが、それはさておくとして。

 他人は変えられないとの文言は、「変わろうとしない相手を責めるのではなく、変わろうとしていない自分を責める」的な美談に聞こえがちです。しかし実際には、「相手を説得する自信もないし、面倒くさいし、だったら他人は変えられないってことにしといたほうが楽チンでええわ」的な回避に使われているほうが多いような気がします。

 「他人(の考え方や行動)を変える努力も必要だし、自分(の考え方や行動)を変える努力も必要だし、その両者の折衝とバランスが大切!」

 というあたりが真実だと思うのですが、こういうしんきくさい文言はダメなんでしょうねえ。

 ……とかエラそうに書いてますが、「他人は変えられないけど、自分は変えられるって言いますからね」とか話してくる人に対しては、面倒なので「そうですねー」と適当に合わせてます(これぞ回避! 笑)。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、野菜&ポテトサラダ、赤キャベツの酢漬け、キノコ炒め、鰆の魚卵煮、小松菜とお揚げのお汁、ごま豆腐、牛肉と玉ねぎの炒め煮、ニラと黒豆納豆の巣ごもり。デザートにリンゴ。

 

4月15日(木曜) 夜

 通りがかって気になった店名です。宇治市にて。

 日本語を外国語風にアレンジするのはたまに見かけますが、「DON2KI」ですか。どんつき。

 スナックにしては何て店名だろうと思って、よく見てみたら、ダーツバーのようでした。なるほど……。

 そういえば、どんつきって関西弁なんでしたね。少し前まで標準語だと思ってました。

−−−

 夕食。

 鰆の魚卵煮、生野菜&ポテトサラダ、ほうれん草と納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、豚肉と玉ねぎの炒め煮、焼きピーマンのおかかポン酢、キノコ炒め。デザートにりんごとチョコケーキ。

 

4月14日(水曜) 夜

 近所のお地蔵さんが、知らない間に塗り直されていました。

 いつもながら、この絵柄とカラーリングには瞠目します。描き直されるたびに少しずつ変化していくので、本当は毎年の変化を撮りたいところですが、そこまでの情熱が最近なかなか出ないですねえ…。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ&ちくわ、ニラとチンゲン菜とキムチの冷奴、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ほうれん草のオキアミポン酢、もろきゅう、牛肉と玉ねぎの炒め煮。デザートにロールケーキ。

 

4月13日(火曜) 夜

 そういえば昨日の写真にもアップしてますが、中書島公園で見かけたタンクが豚っぽくて。

 目と鼻だけでなく、前足もありますし、上には尻尾まであって、見ようによっては可愛らしいです(笑)。

 作ってる人も、「これ豚っぽくないすか??」とか言ってたと思うんですけどねえ。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、野菜&ポテトサラダ&ちくわ、大根皮のポン酢漬け、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、豚肉と玉ねぎの炒め、ニラとチンゲン菜の辛し和え、ほうれん草のオキアミポン酢。デザートにりんご。

 

4月12日(月曜) 夜

 週末のようすです。

伏見の割烹「辻政」にてコース料理をいただきました。お邪魔するのは2回目ですが、さすがの腕前です。筍の木の芽和え、季節感満点!!
 
のどぐろの塩焼き。自分が焼くのとはレベルが全然違う仕上がりで旨過ぎます。
 
翌日はいつもの川べりジョギング。菜の花が散り始めて季節が進むのを感じますね。
 
いつもの松本酒造前にて。
 
昼は中書島の蕎麦「紫雲仙」に初めてお邪魔しました。
 
コースで3300円とそこそこのお値段ですが、それにしっかり見合う内容です。お酒に「雪の茅舎」があったので迷わず注文しました。最も好きな日本酒のひとつです。
  
ざる蕎麦大盛。細切りで香り高く、文句無しです。またお邪魔しようと思います。
  
ほろ酔いで近くの中書島公園に行き、まだ咲いている八重桜を見ながらワインを飲みました。
   
ソメイヨシノはほぼ完全に散っているので、人影もまばらで、八重桜のお花見はよい感じでした。
   
二ホンタンポポが群生していました。下側のガクが外側に反ってないのが二ホンタンポポ、外側に反っているのがセイヨウタンポポらしいです。  

−−−

 夕食。

 ブリカマ焼き、野菜&ポテトサラダ&ちくわ、豚汁、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、チンゲン菜の中華和え、ほうれん草のおかかオリーブオイル&パルメザンチーズ和え、キムチとニラの冷奴。デザートにりんご。

 

4月9日(金曜) 夜

 そういえば昨日の話の続きで、「女性よりも男性のほうがスーパーマーケットに行くのが好きなのかも」という傾向が見られました。

 サンプル数が4名なのでデータの信ぴょう性はほとんど無いのですが、もしそうであるならどうしてだろう? …考えたところ、「肉や魚を手に入れるという、オスとしての狩猟本能なのか!?」と一瞬思ったのでした。たしかにスーパーに入店するとき、「今日はどんな魚があるんかなー」と毎日少しワクワクしている自分がいます。

 で、「オレのスーパー好きも、もしかしたら男の狩猟本能なのかもだぜ!」と、一瞬悦に入りかけたんですが、よく考えたらスーパーの肉や魚なんて並べられているのを手に取るだけの話であって、狩猟採集の「採集」よりも安全で簡単な買い物ですね。それが、なにを狩猟本能だ? 莫迦かオレは!? このオタンコナスめがっ!! ……と急降下した一件です。

 いま改めて考えると、理由は単純に「食材を見て歩くのが好きだから」かもしれません。旅行に行っても現地のスーパーを見て歩くのが最も楽しいことのひとつですからねえ。

−−−

 夕食。

 鰆の煮付け、野菜&ポテトサラダ&チーズちくわ、ぽんかん、豚汁、ごま豆腐、ニラと舞茸とお揚げの玉子汁、焼きピーマンのおかかポン酢、たたきキュウリの塩昆布ごま油和え、鰆の魚卵煮。

 

4月8日(木曜) 夜

 職場にて、「どのくらいの頻度でスーパーマーケットに行くか」について雑談してまして。

 そこで正直に「ぼくは年間300日くらいですかねー」と言ったらドン引きされて、「……それってチョット盛ってますよね??」とフォローされる始末で。

 平均すると週に6日は近所のスーパーに行っているので、単純計算すると年間304日行っていることになりますが、めんどうなので「アハハ、ちょっと盛っちゃいました」と答えておきました。

 はい、4日少なめに盛って申告してしまいました。年間300日しかスーパーに行ってないなんて、そりゃあ信じられないですよねえ。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き&大根おろし、野菜&ポテトサラダ&チーズちくわ、豚汁、サバ魚卵煮、ポンカン、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ニラとチンゲン菜とキムチの冷奴。デザートに洋菓子少々。

 

4月7日(水曜) 夜

 寝る前に日々チマチマやっていたドラクエ5、昨夜クリアしました! ……のはいいんですが。

 普段は翌日の仕事に響かないよう夜12時前後には寝るようにしているのですが、昨夜はラスボスのミルドラースを倒したのがちょうど夜12時頃でして。ラスボスを倒すと、その後はエンディングに向けてのセレモニー的イベント(過去に訪ねたお城を順に巡っていく)が自動的に進行していくので、途中でセーブ&終了ができなくなるんですねえ。

 このようなイベントは本来なら、各々のお城の人たちに話しかけて、いろんな思い出を回想したり、感謝されてクリアの喜びをかみしめたりするひとときなのですが、いかんせん「早く終わらせて寝ないと!」と思っているものだから、それぞれのお城の人たちに話しかけることも全くないまま、テープの早回しのようにしてエンディングを済ませてしまいました。

 それでも30分近くかかって、寝るのがいつもより遅くなってしまいましたが。

 後から考えると、今回のドラクエはスマホ版なので、アプリを起動したまま最小化しておいて、翌日ゆっくりエンディングを味わうこともできたと思うのですが、セーブしないまま放置という真似がなかなかできないのは、元祖ファミコン時代の刷り込みというか、呪いのせいかもしれません。ファミコンを起動したまま置いていたら、家族が足を引っかけて電源が落ちてしまったり、オカンが勝手に片づけていたりして、データが飛んで泣いた経験が幾度となくありましたからねえ(笑)。

 まァ、ドラクエ5はよくできたゲームで楽しかったです。千円少々で一ヶ月間これだけ楽しめたので、まったく文句はありません。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ、サバの魚卵煮、ほうれん草のオキアミポン酢、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、赤キャベツの酢漬け、玉子豆腐、牛肉と玉ねぎの炒め煮、小茄子の漬物。デザートにバナナロール。

 

4月6日(火曜) 夜

 この時期、例年の出費である固定資産税の通知がやってきました。

 毎年、「予想外の出費」となっているわけですが、何年か前に一度、払込期日をすっかり忘れていて、思い出したときには、初回支払い期限を数か月過ぎていて青ざめたことがあります。税金の知識など全然ないので、「滞納の罰則とかあるんだろうか……追徴課税とか!?」と戦々恐々の思いで市役所に行ったんですが、とくに何事もなかったかのように通常の金額で払い込みができてホッとしました。

 そんなわけで今年も、忘れないうちに近所のコンビニにて支払いを済ませたところです。

 それにしてもウチの分譲アパート、築十年を過ぎているのに固定資産税がなかなか目減りしなくて、いいのか悪いのか分かりません(笑)。本音としては、資産価値なんてグンと下がっていいから、税金が安くなってほしいところですが。

−−−

 夕食。

 鰆の煮付け、野菜&ポテトサラダ、豚スペアリブの煮込み&チンゲン菜、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ほうれん草のゴマポン酢和え、キムチとニラの冷奴、ジャコおろし。デザートにチーズケーキ。

 

4月5日(月曜) 夜

 週末のようすです。

ピッコロバンビーノにて、トリッパのトマト煮込み、ラザニアその他で、白ワイン1本。ただ、ラザニアの中が冷たくて、ちょっとゲンナリ……。こういうことがあると、足が遠のいてしまいますね。
 
翌日は、マグロガレージにて、マグロ丼! あと瓶ビール(中瓶)400円。
 
中書島界隈を散策しながら、桜の花いかだを鑑賞してきました。
 
雨が降る中、花いかだを接写。雨粒と波紋が写ってます。
 
花いかだを進む十石舟。
 
アリスセイラーさんの喫茶「やんちゃなアマリリス」に少しだけお邪魔して、ビールとワイン数杯。
   
帰宅して、シウマイと、ほうれん草とハムのラーメンで、赤ワインと缶チューハイ。
   
翌日、残り少ない桜を惜しみながらの宇治川ジョギング10km。
   
風流な桜の花びらも、こういう風に集まるとちょっと気持ち悪いですね(笑)。  

−−−

 本日の夕食。

 鯖と魚卵煮、野菜&ポテトサラダ、豚汁、なす田楽、チンゲン菜の中華風、ホタルイカからし酢味噌、小松菜とお揚げのお汁、ジャコおろし、ほうれん草のオキアミポン酢。デザートにロールケーキ。

 

4月2日(金曜) 夜

 職場にて、「注文されていた荷物が届いたので取りに来てください」と総務から連絡があったので、自分が一人で取りに行ったんですが。

 サイズがひとかかえくらいある大きめの荷物で、ちょっと持ち上げようとしたら「あ、無理」「これは応援を連れてこないとダメだ!」と観念。で、いったん自部署に戻り、その場にいたメンズ2名を引き連れて、計3名の男子で再び総務を訪れたところ、メンズ2名のうち1人がその荷物をヒョイと持ち上げ、「ボク一人で大丈夫です!」と持ち帰ってしまって、ちょっと恥ずかしかった本日です。

 その後、誰からも驚かれることなく、「まァ名倉さんだからね」と皆に納得されたので、よしとしましょう(笑)。

−−−

 夕食。

 鰆の西京焼き、野菜&ポテトサラダ、キムチとニラの冷奴、ポンカン、小松菜とお揚げのお汁、紅茶豚&チンゲン菜、ジャコ大根おろしポン酢。

 

4月1日(木曜) 夜

 先日に両親と会ったとき見かけた、母のスマホです。

 側面になぜか養生テープが貼られていたので、何だろうと思って尋ねてみたところ母いわく、

 「ここのボタン押してしもたら、とにかくヤヤコシイことになって大変やから、押さんようにテープ貼ってるんや」

 スマホにも、とにかくヤヤコシイことになるボタンがあったのかと、妙に感心した一件です(笑)。

−−−

 夕食。

 鯛の煮付け、野菜&生ハム&ポテトサラダ、デコポン、ニラと納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、赤キャベツの酢漬け、ジャコとほうれん草のポン酢和え、紅茶豚&チンゲン菜。

 

3月31日(水曜) 夜

 仕事に行く通勤途中で見かけた、本日のトリコロール。

 左から順にズボン、肌シャツ、上着の順で干されているのがフランス国旗になっています。

 故意か偶然かは分かりませんが、朝からちょっとした風情と清涼を感じました(真ん中は肌シャツですが。笑)。

−−−

 夕食。

 石鯛の刺身、野菜&ポテトサラダ、牛肉と玉ねぎの卵とじ、デコポン、小松菜とお揚げのお汁、赤キャベツの酢漬け、ほうれん草のオキアミポン酢。

 

3月30日(火曜) 夜

 今日は京都も黄砂が飛んでいて、一面にモヤがかかったようでした。

 天候は「快晴」なのですが、遠景は黄砂ですっかり霞んでいます。ニュースでも「黄砂に気を付けてください」と繰り返されていたけれど、気を付けるといっても限度がありますねえ(笑)。とりあえず洗濯物を早めに取り込んで、今日は洗濯をしないことにしました。

 あとは久しぶりの大中ラーメン。

 「ネギ多め」の注文でこの量はかなり少なくて、今日はハズれか……という感じですが、細かいことは気にしない気にしないと何度も自分に言い聞かせながらいただきました。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、野菜&生ハム&ポテトサラダ、ほうれん草の胡麻和え、キムチとニラの冷奴、小松菜とお揚げのお汁、チンゲン菜の酢醤油ラー油和え、豚肉の煮込み、ジャコ大根おろしのレモン醤油。デザートにロールケーキ。

 

3月29日(月曜) 夜

 週末のようすです。

夕食に久しぶりのチョッカーナにて、春キャベツと生ハムのサラダその他で、白ワイン1本+赤ワイン1杯。
 
翌日は先斗町の「ふじ田」にて、両親と食事会。
 
和食コースにて、白ワイン、ビール、日本酒、赤ワインのフルコース(笑)。
 
こういうお店の西京焼きは心底旨いです。
 
翌日は菜の花&桜が満開の河川敷ジョギング12km。
 
弁当&お酒のお花見はできませんでしたが、せっかくなのでお花見ジョギングとしゃれこみました。
  
iPhoneの写真はいまひとつ構図が決まりません(……と、自分の腕のなさをさりげなくk機材のせいに。笑)。
  
ニャンコさん。
  
まだ3月だというのに、もうアザミが咲きかけています。夏の花ですよね??
  
タンポポ&ムスカリ。あー春!!   

−−−

 本日の夕食。

 ブリの煮付け、野菜&ポテトサラダ、    ジャコ&大根おろしポン酢、白ワイン、ほうれん草のオキアミポン酢、カキフライ、酢キャベツ、新玉ねぎと豚肉のソテー。

 

3月26日(金曜) 夜

 寝る前にチマチマとやっているドラクエ5ですが、ようやく天空の城が宙に浮きました! それがどうした!!

  ちなみにこのドラクエ5は3月2日から開始しているんですが、1ヶ月近く経つのにようやく中盤の終わりくらいでしょうか。

 千円少々でこれだけ長く楽しめてコストパフォーマンスが高いなァと思うと同時に、中学生の頃のように集中&没頭してプレイできなくなっているなァとも感じます。寝る前に22時から1時間半くらいプレイする日が週に3日くらいという感じなので、遅々としてなかなか進まないんですねえ。

 アラフィフにもなって中学生みたいにゲームに没頭するのもどうかとは思いつつ、当時の熱意や過集中がちょっと懐かしくもあります。ま、オトナになると、仕事もあるし、ジョギングもするし、調理も洗濯も自分でしないといけないし、ニュースも見なくちゃいけないし、翌日も仕事があるので日が変わるまでには寝なくちゃいけないしで、ゲームばかりやってるわけにいかないという事情も大きいんですが。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ、みかん、キノコとジャコの炒め煮、めかぶ、牛肉の卵とじ、焼きピーマンのおかかポン酢、ピリ辛こんにゃくの土佐煮、ちくわ(珍比良)、たたきキュウリのカレー塩昆布和え。

 

3月25日(木曜) 夜

 平日にどんどん桜が満開になっていくのを見ると、例年なら「週末のお花見が過ぎ去っていく……」という焦りにつながるところですが、このコロナ禍では逆に、「週末には散っていたほうがお花見できないあきらめがついてエエわ!」という気持ちにもなってきますねえ。若干、酸っぱいぶどう的な合理化も入ってる気がしますが(笑)。

 それでも通る道すがらに桜が咲いていると、あきらめ悪く写真を撮ってますが、こういうのって後から見るとだいたいガッカリします。

 ついでに、撮るのが難しそうな「逆光&強コントラスト」なFUZEI写真がどれだけ撮れるか? とiPhoneをいじめてみたり。

 さすがにレンズフード付けた一眼レフみたいには撮れませんが、それでもあのペラペラなレンズでこれだけ撮れるのだから大したもんです。

−−−

 夕食。

 〆サバ(既製品)、野菜&ポテトサラダ、デコポン、キノコとジャコの炒め煮、豚スペアリブ煮込み、小松菜とお揚げのお汁、ピリ辛こんにゃくの土佐煮、ニラと納豆の巣ごもり、たたきキュウリの塩昆布ごま油和え。

 

3月24日(水曜) 夜

 先日、腕時計を買うためにヨドバシカメラに行ったとき、カメラのフィルムコーナーを冷やかしてみたところ。

 しばらく見ないうちに、こんな高級品になっていたんですねえ。自分の大学生の頃は、カラーフィルム1本300円くらいが相場だったはずで、感度100の24枚撮りなどは1本100円のセールでたたき売りされていた記憶もありますが、今や1本1000円オーバーですか(プロビアとかベルビアとかのリバーサルフィルムは当時からそこそこ高価でしたが、それでも当時の2〜3倍の価格になっている気がします)。

 まァ、以前に比べるとフィルムの販売数など超激減している一方で、小さなロットのために機械を動かして人件費もかけているわけなので、価格が上昇するのは当然ではあるんですが。

 それに考えてみたら、自分の学生時代ってもう25年以上前の話で、それだけ年月が経てばモノの価格もそりゃ変わるでしょうというお話でした。

 ちなみに35mmフィルムのカメラは、今も捨てられずタンスの肥やしになってます。リコーのGR1と、キヤノンのEOS-RT。

 もう20年くらい使ってないから、もうオーバーホールしないと動かないかもしれないですが。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ、デコポン、めかぶ、ほうれん草のオキアミポン酢、小松菜とお揚げのお汁、キノコとジャコの炒め煮、酢キャベツ、ピリ辛こんにゃくの土佐煮、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め。

 

3月23日(火曜) 夜

 新しい腕時計を購入しました。

 左側の紺色のが今回買ったやつで、右側の白色のが今まで使っていたやつです。

 セイコーが好きなので、今回も引き続き。ちょっとゴツくてゴチャゴチャした感じのが欲しいなーと思っていて、気に入ったのが発売されていたので買ってしまいました。最新のハイテクGPSソーラーです(ま、昨今ではGPSのスマートウォッチなど1〜2万円から売ってますが)。

 今まで使っていたやつもまだ問題なく使えるんですが、買ってから15年近く経ちますし、このペースでいくと自分の残り人生で買い替える腕時計などせいぜいあと2〜3本かと考えると、欲しいと思えるモデルが出た時点でそろそろ買ってもいいか! と、安い買い物ではないですが奮発して買ってしまったという次第でして。

 ただ、根が貧乏性なので、「まだ問題なく使える腕時計があるのに、新しいのを買う罪悪感」がなかなか拭えません(笑)。で、こういうときにいつも脳内に浮かぶのが、「自分はマイカーも持っていないし、洋服もバーゲンでしか買っていないし、これくらいは買ってもいいんじゃないか」という論法です。

 たしかに軽自動車のひとつでも持っていれば、年間の維持費だけでこのくらいの時計など買えてしまう気はしますが、「クルマに乗っていない人は無駄なモノを買ってもいい」という理屈も考えてみれば荒唐無稽で、自分内ストローマン論法かもなァとひとりで苦笑いしています。

−−−

 夕食。

 カレイの煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、豚スペアリブの煮込み、キムチとニラの冷奴、小松菜とお揚げのお汁、玉子豆腐、キノコとじゃこの炒め煮、ほうれん草のオキアミポン酢、ピリ辛こんにゃく土佐煮。

 

3月22日(月曜) 夜

 週末のようすです。

蕎麦を食べたい! という希求が募りまして、京都は五条烏丸の「よしむら」に行ってきました。
 
先付け、天ぷら、ざる蕎麦、とろろ蕎麦などのセットメニューで、日本酒1合と蕎麦焼酎の蕎麦湯割り1杯。店員さんの愛想も味もよいお店です。
   
夕食は伊勢丹のデパ地下で買い込んだ惣菜セットで白ワイン1本。
 
翌日、スーパーのラーメンと寿司。
 
菜の花満開の河川敷ジョギング12km。それにしても菜の花、すごい繁殖力ですな。
 
桜も早い樹は満開を迎えつつあります。今年もお花見は難しそうですねえ。 

−−−

 本日の夕食。

 ブリの煮付け、野菜&ポテトサラダ、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ニラと納豆の巣ごもり、キノコ炒め、ほうれん草のオキアミポン酢。デザートにロールケーキ。

 

3月20日(土曜) 夜

 昨夜は、夕食にワイン2本飲んで、フニャフニャになって日記書けませんでした。

カレイの唐揚げ、野菜&ポテトサラダ、小茄子の漬物、チーズちくわ、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、鶏肉巻き。で、白ワイン1本と食後の赤ワイン1本。
 
所用で高島屋京都店に行ったついでに、高島屋の隣にある蕎麦「永正亭」にて、特いなか大。ここで食べるのは、いつもコレです。その日の気分で、ワサビを付けてもらうことも。
 
永正亭のお品書き。四条寺町下がるの一等地にありながら、このリーズナブルなお値段! 味もこのお値段なら何の文句もなく美味しいです。
 
近所の河川敷は菜の花で真っ黄っ黄です。桜もすでにチラホラ咲いていて、今年は暖かいことを実感します。
  
大岩山ジョギングしました。背後の太陽光パネルが風情無しですが。
  
自宅にて気抜けごはん。カップラーメンに、スーパーの総菜、チンご飯、残りもの。
  

 
ジャンクなものが食べたくなって、これまたスーパーのキムチ鍋うどんに、キムチと玉子と6Pチーズのトッピング。これ、チーズが合うんですねえ。  

 

3月18日(木曜) 夜

 以前にも書いた気もしますが、昔は骨の付いた魚を食べるのが本当に苦手でした。

 とにかく身をちゃんと取れず、取ろうとするとグチャグチャになって小骨が口に当たるので、結局は食べやすい背側の上半分しか食べられないという感じでしょうか。

 それが十年くらい前からは、決して上手ではありませんが、人並みには魚をキレイに食べられるようになってきた気がします。

 たとえば、本日の夕飯に食べたキンキの塩焼きだと、これくらいには食べられるようになりました。

キンキの塩焼き、野菜&ポテトサラダ、みかん、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、キムチとニラの冷奴、日本酒半合。
 
キンキの塩焼きは、これくらいには食べられるようになりました。まだ猫はまたいでくれなさそうですが。
 
関係ないですが、キンキのキンキです。

 振り返ってみると、魚をよく食べるようになったからというのが最たる理由ですが、もうひとつふたつ加えるとしたら、

 という2点の理由によって、ちゃんと魚を食べられるようになった気がします。とりわけ魚をさばいた経験は大きくて、魚の骨格の構造が実感として分かると、おのずと骨を外して食べられるようになりました。

 ……こんな面倒なプロセスなど経なくても、うまく魚を食べる人は本当に上手なので、一言でいうと器用さの違いなのでしょう。まァ、自分のような不器用な人間でも、努力と経験の積み重ねは無駄ではないのかなと思います。

 

3月17日(水曜) 夜

 通るたびに「ギョッ!」としている、本日の近所です。

 うわ、犬! ……と思ったら、犬の置物だったという。かれこれ3〜4回は引っかかっている気がします。

 どうしてこんなところに置いてあるのかと思いますが、もしかすると野良猫の侵入防止とかあるんでしょうかねえ。

 通行人をビックリさせる愉快犯でないことを祈るばかりです(引っかかってるのって自分かもしれませんが)。

−−−

 夕食。

 キンキの煮付け、野菜&ポテトサラダ、粕汁、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ほうれん草のごまポン酢、キムチとニラの冷奴。

 

3月16日(火曜) 夜

 本日の自転車。

 サドルに巻かれている、めちゃくちゃ汚いタオルはいったい何なのでしょうねえ。自転車掃除をしてフレームやチェーンをタオルで拭くとこんな風になる気がしますが、それをわざわざサドルには巻かんでしょう。

 それとも、新手の盗難防止でしょうか。たしかに、この自転車には乗りたくない(笑)。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、野菜&ポテトサラダ、粕汁、キムチとニラの冷奴、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、チンゲン菜の辛し和え、ほうれん草のおかかポン酢。デザートにシュークリーム。

 

3月15日(月曜) 夜

 週末のようすです。

久しぶりの「花吹雪」にて、花わさびのお浸し、前菜盛り合わせその他で、蒼空2杯と、白ワイン1本。いちいち唸るほど旨いです。
 
超浅〆のしめ鯖、刺身盛り。合わせた蒼空は、「美山錦・しぼりたてかすみ酒」(510円!)と、「短稈渡船おりがらみ(650円!)。生きていてよかったと思うひと時です(笑)。
 
翌日は大手筋の「京の四季」にて、天ざるセットで、日本酒1合(月の桂)と、そば焼酎の蕎麦湯割り。
 
ちょっと飲み足りないので、大手筋商店街でワイン1本買い込み、そのまま明治天皇陵に足を運んで昼間から外でワイン飲んでました。
 
夜はシウマイと鶏ハムでビール、ワイン。酔っぱらってそのまま就寝。
   
翌日は、近所のスーパーの海鮮丼と、簡単うどん、桃ゼリー、みかん、お茶。
 
いつもの川べりジョギング12km。菜の花がいよいよ満開です。
     
FUZEI菜の花。    

−−−

 本日の夕食。

 ブリの煮付け、野菜&ポテトサラダ、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め、ほたるいか酢味噌、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、キムチとニラの冷奴、チンゲン菜の辛し和え、春菊のオキアミポン酢、ほうれん草の胡麻和え。デザートに、スーパーで買ったしょうもないモンブラン。

 

3月12日(金曜) 夜

 もういいというくらい何度も書いている気がしますが、iPhone12のカメラの画質には毎回感動してしまいます。

雨天曇天の薄暗い日暮れ時というコンディションでも、ノーマルモードでこれだけ撮れてしまいます。この悪条件で、これだけの明るさとコントラストが出るのか……。
 

同時刻の松本酒造。ライトアップもボヤけることなく、これだけ再現されるというか、眼で見ているよりも明らかにシャープで、ちょっとやりすぎ感さえありますわ。
 
これは画質の話とは関係ありませんが、近所の喫茶店「 ふくすい」の看板のフォントが、気がつけば風化してデスメタルみたいになってました。念のため申し添えると、BGMにずっとメガデスやらが流れている喫茶ではありません(笑)。

−−−

 夕食。

 ホッケの開き、野菜&ポテトサラダ、ほうれん草と納豆の巣ごもり、菜の花の辛し和え、小松菜とお揚げのお汁、粕汁、ひじきの煮物。デザートにみかんゼリー。

 

3月11日(木曜) 夜

 年齢のせいか、夜中に1回は尿意で目がさめるようになりました(晩酌のせいもあるとは思うのですが)。

 ただ、目が覚める時間はまちまちで、早ければ深夜3時くらい、遅ければ早朝5時くらいです。

 自分的には5時くらいにいったん目がさめるのが一番好きです。というのも、そこから起床時間まで、ウトウトしては時計を見て「もうちょっと寝てられる……」ともうひと眠りする、というのを繰り返す悦楽があるから。惰眠のチビチビ食べ、みたいな感じでしょうか。

 なので、たまに起床時間までぐっすり寝れてしまうと、逆になんだかガッカリしてしまう昨今です。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、野菜&ポテトサラダ、粕汁、白菜の昆布漬け、小松菜とお揚げのお汁、玉子豆腐、みかん、ひじきの煮物、ほうれん草の胡麻和え。

 

3月10日(水曜) 夜

 今月のケータイ代の請求額が、1,081円でした。スマホにしてから、今までより一層安くなって助かります。 

  データ従量制で、月間1GBを超えると課金されていくんですが、今のところ出先でスマホを使うといえば昼休みにメールをチェックするくらいで、実質ほとんど使っていないので、この値段で済んでいるという次第です(ガラケーからの乗り換え割引とかもあってではありますが)。

 スマホを買ったときは、自分もスマホ依存みたいになったらどうしよう? と若干心配していたのですが、今まで長らくPCを使っていたせいで、基本的に「ネットやメールは帰宅してから見るもの」という習慣が身に沁みついてまして。

 なので、その延長で、「帰宅したからスマホでも見るか……」とチェックしたうえで、「今夜もちょっとだけドラクエやるか!」とゲームを開くという感じで、スマホ依存の心配など微塵もしなくていい日々を過ごしております(笑)。

−−−

 夕食。

 エテカレイの煮付け、野菜&ポテトサラダ、粕汁、ひじきの煮物、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、みかん、冷奴、ニラの辛し和え。

 

3月9日(火曜) 夜

 三条京阪のすぐ付近にある「肉のキヨタ」。前を通るたびに、よくやってらっしゃるなあと思います。

 看板の文字も「豚」だけになっていますし、よみ見ると屋根にもシートかふとんかよく分からないものがかけられています。

 さっき調べてみたら、食べログにも載っていて、再度驚きました。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ、みかん、粕汁、ひじきの煮物、ニラと納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、菜の花の辛し和え、白菜の昆布漬け、春菊のオキアミポン酢。デザートにチョコレートシフォンケーキ。

 

3月8日(月曜) 夜

 週末のようすです。

夕食は久しぶりのトレヴァッリにて、鰆のカルパッチョその他で白ワイン1本。変わらぬ美味しさに大満足です。
 
翌日は岡崎公園あたりまで出て、人気のうどん店「山元麺蔵」にて昼食。 ちょうど予約と予約の間に空いた席があって入ることができてラッキーでした。
 牛と土ゴボウのつけ麺と、ゴボウの天ぷらで、瓶ビール1本。
 
京都国立近代美術館にて「分離派建築会100年展」を観てきました。
 
京都大学の学友会館も分離派の建築だったんですね。
 
常設展にて、ゴミ箱に捨てられた空き缶がすべて陶器で作られている作品です。
  
お隣の京都市美術館のたもとに、ルーブルっぽいガラス張りの小屋が出現してました。なんで諸キングピンクのペイント??
 
美術館でダラダラ歩いて足が疲れたので、近くのフレンチ「オ・タン・ペルデュ」にてケーキ&赤ワイン。ちゃんとしたケーキは旨いのう。
    
翌日はいつもの川べりジョギング12km。菜の花が本格的に咲いてきました。
 
中書島の三栖閘門にて。
 
iPhoneは画像がよく撮れるので、どうでもいい写真を今まで以上につい撮ってしまいますわ。

−−−

 本日の夕食。

 サバの味噌煮、野菜&ポテトサラダ、みかん、小松菜とお揚げのお汁、ひじきの煮物、春菊のオキアミポン酢、粕汁、ほうれん草の胡麻和え、酢キャベツ。デザートに 丸ごとバナナ。

 

3月5日(金曜) 夜

 マンションのガス点検があったので、年度末の有休消化を兼ねて、お休みを取ってました。

 ガス点検は火災報知機のチェックかと勘違いしていたんですが、実際にはキッチンのガス漏れチェックがメインでして。こんなことは全く想定していなくて、めちゃくちゃ汚い状態のままのキッチンを係員さんに見てもらうハメになり、かなり気まずい&恥ずかしゅうございました。

 で、あとの空いた時間はドラクエ5してました。仕事を休んでドラクエやってる罪悪感(笑)。

 おかげで主人公は少年期を無事卒業し、青年期になってオラクルベリーへとやってきました。

 関係ないですが、晩酌に飲んでいる缶チューハイをまとめて捨てに行くときも恥ずかしいですね。

 こういうアルミ缶、売ったら数百円くらいになるんでしょうかねえ。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、肉じゃが、焼きピーマンのおかかポン酢、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草とじゃこのポン酢和え、白菜の昆布漬け、酢キャベツ、納豆とニラの巣ごもり。

 

3月4日(木曜) 夜

 ハニーディスペンサーなるものを職場の同僚からもらいました。

 なんでも、「自分では使わないので、ほしいならあげると周囲に言ってみたのだけれど、皆いらないと言うので、名倉さんならどうかと思って」とのこと。いったい自分はどういう立ち位置なのか、タダなら病気でももらう人ようなだと思われているのかは知りませんが、まァ調理関係の道具なら何でも引き取りそうだと思われているのでしょう。

 そして実際、調理関係の道具なら何でも引き取るので、もちろんありがたくいただいたわけなのですが。

 帰宅して、さっそく自宅のハチミツをディスペンサーに移そうとしたら、低温のため固まっていて全然ダメでした。そうかー、みんなが不要と言ったのはこういうことだったか。

 もう少し暖かくなって、不自由なく使えるようになる日を、地味な楽しみとして待ちたいと思います。

−−−

 夕食。

 赤ムツの煮付け、野菜&ポテトサラダ、肉じゃが、大根皮のポン酢漬け、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草とじゃこのポン酢和え、豆腐の麦味噌漬け(頂きもの)、白菜の昆布漬け。デザートに近所のスーパーで買った紅茶シフォンケーキ。

 

3月3日(木曜) 夜

 令和3年3月3日のゾロ3ですね。

 それがどうしたという話ばかりですが、ジョギングのお供に愛用しているハンドボトルがへたってきたので、買い替えました。

 今回購入したのが、サロモンの500ccのものと、中華製品(AONIJIE)の250ccのものです(一番右側が今まで使っていたNATHANの300ccのもの)。

 走っていてちょっと喉が渇いたときに水があると元気がでますし、最近は右手にハンドボトル、左手にスマホを持つと、ちょうど左右の重量バランスが取れるのも気に入っています。

 ちなみに中華製品のほうは、防水ポーチにスマホが入る仕様のようですが、iPhone12は入りませんでした。ま、両手に持つから全然かまわないんですが。

−−−

 夕食。

 金目鯛の煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、牛肉とニラの卵とじ、小松菜とお揚げのお汁、酢キャベツ、白菜の昆布漬け、ほうれん草とじゃこのポン酢和え。

 

3月2日(水曜) 夜

 心底どうでもいい話でスミマセン。本日の自分ニュースは、ドラクエ2をクリアしたことです。

 無事にシドーさんを倒させていただくことができました。

 当方などは慎重派なので、レベル40くらいまで上げてからラスボスに挑戦した結果、、正直なところ楽勝でチョット拍子抜けしてしまいました。ほんとはレベル35前後くらいで挑戦するのが最もスリリングで楽しいかったかもしれません。

 一方で、できるだけ低いレベルでのクリアを目指すチャレンジングな人もいて、ゲームひとつとっても性格が出るなーと思います。

 

 でも、400円で意外と楽しめたことに気をよくして、今度は未プレイのドラクエ5のスマホ版をダウンロードしてしまいました。アラフィフにして再び、ゲームにはまってしまうんでしょうか(笑)。

−−−

 夕食。

 エテカレイの煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、肉じゃが、キムチとニラの冷奴、酢キャベツ、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、シウマイ、春菊のしらすポン酢。

 

3月1日(火曜) 夜

 週末のようすです。

夕食は宅飲み。鯛と鶏と豚肉の鍋で、白ワイン1本。我が家のル・クルーゼの唯一の使い道です(笑)。
 
どなたも何の興味もないと思いますが、ドラクエ2の進捗は、ついに最終段階のロンダルキアまでやってきました! この万年雪に出たときの感動を反芻しております。 
 
翌日は近所の川べりジョギング。日々いろんな動物がいまして、これはアオサギですかね。
 
これはネコです。
 
これは犬です。野犬かよっ!? ……と、いつも一瞬ドキッとしますが、人間とは一定の距離を取って過ごしているようなので、今のところ大丈夫そうです。
  
とっても暖かくて、半袖シャツでもジョギングしていると暑いくらいでした。3月初旬って、こんなに暑かったっけ??
 
菜の花。iPhoneの写真は逆光でもゴーストが出ずキレイに撮れますなあ(フレアはしっかり出てますが)。
  
近所のスーパーで買ったカレーうどんと寿司。

−−−

 本日の夕食。

 ブリの山椒煮、野菜&ポテトサラダ、なす田楽、キムチとニラの冷奴、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、春菊のしらすぽん酢、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め、酢キャベツ。デザートにみかんとフルーツゼリー。

 

2月26日(金曜) 夜

 昨日の日記を読んでくださった方が、「葉っぱの形をしたプラスチックっぽいもの」が何かを調べて、製品を見つけてメールで教えてくださいました。

 「ウルトラ 巣のアリ フマキラー」というアリ用の殺虫剤ではないか、とのことです。ホームページのリンクも貼ってくださいまして。

 https://fumakilla.jp/insecticide/272/

 近所の河川敷には以前から大量に撒かれ続けているので、害のあるアリがこのあたりで発生したのでしょうか。規模からすると個人ではなく、行政による駆除対策なのかもしれません。

 ちなみに実は自分でも、「葉っぱの形をしたプラスチックっぽいもの」が何か調べようとググってみたのですが、製品にたどり着けませんでした。そういえば筒井康隆氏が、「頭のいい人とは、物事をたくさん知っている人ではなく、必要な情報にどうすればアクセスできるかを知っている人だ」的なことをおっしゃっていましたが、自分の頭の悪さを改めて実感いたします(笑)。

−−−

 夕食。

 ホッケの開き、野菜&ポテトサラダ、みかん、ニラと納豆の巣ごもり、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、肉じゃが、白菜の昆布漬け、菜の花の辛し和え。

 

2月25日(木曜) 夜

 近所の河川敷に、葉っぱの形をしたプラスチックっぽいものが大量に撒かれていまして。

 サイズは小ぶりの葉っぱくらいで、ちょうど手のひらにちょこんと乗るくらいです。

 一体なんだろうと通るたびに思っているんですが、まず浮かんだのは「近所の住人が雑草を枯らすために撒いた薬剤だろう」です。花粉症かなにかで雑草の花に悩んでいる人が、癇癪を起して大量散布したのではないか。

 ……てなことを知人に話したところ、返ってきた答えは、「川べりの花を愛する人が撒いた肥料かもしれないね」。

 自分が人間性悪説であることを再確認して、ちょっと恥ずかしくなった一件です。ところで真相は何なのだろう。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、野菜&ポテトサラダ、みかん、大根おろし&ちりめんじゃこ、ほうれん草と舞茸の玉子汁、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め、菜の花の辛し和え、キムチとニラの冷奴。デザートにクランツケーキ。

 

2月24日(水曜) 夜

 iPhoneでドラクエができると知りました。

 自分はドラクエシリーズは1から4までしかプレイしていないながら、その中ではドラクエ2が一番好きでした。当時の自分は中学生でしたが、最初にプレイしたドラクエ1の面白さもさることながら、それがさらにスケールアップしたドラクエ2の世界は本当に衝撃的で、完全にノックアウトされて脳内がドラクエ一色になっていたのを思い出します。

 続くドラクエ3もさらに完成度がUPしていて面白かったのですが(そういえば店頭に並んで整理券制で買ったなあ……)、こちらも年齢が上がるにつれてテレビゲームから少しずつ距離を取るようになったこともあって、個人的にはドラクエ2の衝撃が最も強くインプリンティングされているのかもしれません。

 そんなわけで、スマホ版ドラクエ2が400円でダウンロードできるというので、先日からチマチマとやっているんですが。

 30年ぶりにプレイしてみた感想は、今のところ、

 ……という感じでしょうか。

 それにしても元祖ファミコン版から比べると、グラフィックも音楽もグレードアップしてますねえ。こんなに小さいスマホなのに! と、すっかり年寄りみたいなこと言ってますが。

−−−

 夕食。

 金目鯛の煮付け、野菜&ポテトサラダ、肉じゃが、焼き厚揚げのおかかカイワレ醤油、玉子豆腐、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、春菊のシラスぽん酢、白菜の昆布漬け。デザートに芋ケーキ。

 

2月23日(火曜) 夜

 週末&天皇誕生日のようすです。

家ご飯で、煮込みハンバーグ&つけあわせの野菜で、赤ワインと白ワイン半本ずつ。
 
翌日は京都のチョットいいお店「天ぷら圓堂」にてランチコース。目の前で揚げたばかりの天ぷらが一品ずつ出てくるスタイルで、素晴らしい美味しさでした! で、白ワイン1本と日本酒1合。
 
ウニの海苔巻き天ぷらとかもメチャクチャ旨かったんですが、写真に収めるとショボくなりますねえ(笑)。写真の腕が悪いんだと思います。
 
帰る道すがら、腹ごなしに建仁寺を散策しました。
 
翌日は近所のスーパーで買ったラーメンと寿司とみかんと冷茶。
 
いつもの宇治川ジョギング12km。非常に暖かい一日でしたねえ。
 
梅の花が満開でした。部分嗅盲のため何の匂いも感じませんが。
 
澱川橋梁もiPhoneで撮ると一層FUZEIが出ますわ。ただ、35mmフィルムカメラで撮ると風景を「切り取る」感覚があって満足感があるのですが、スマホで撮ると風景を「すくい取る」感覚で、どうも不全感が残ります。
  
夕食は近所に新しくオープンした餃子屋「一丹」にて、餃子その他で白ワイン1本。餃子24個で1200円、ニンニクがよく効いていて旨い。
 
また近所スーパーの海鮮丼とラーメン。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め、しらす大根おろし、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、春菊のオキアミポン酢、ほうれん草の胡麻和え、 白菜の昆布漬け、ニラと納豆の巣ごもり。

 

2月19日(金曜) 夜

 本日のサボテンです。

 サボテンはちんまりと可愛らしくて決して嫌いではないのですが、こんな風に気持ち悪くなってるのを見かけることもけっこうあります。

 アロエとかも長年手入れされていないと、荒涼というか殺伐というか、心がささくれ立つような感覚になるやつがたまにありますねえ。

 こういうサボテンやアロエにシンパシーを感じるか否かが、その日の調子のバロメーターになっている気もします(笑)。

−−−

 夕食。

 鯛の煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、粕汁、ニラと納豆の巣ごもり、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、菜の花の辛し和え、しいたけのバターソテー。デザートに賞味期限をそこそこ過ぎたマールブランシュのリーフパイ。

 

2月18日(木曜) 夜

 歳を重ねるにつれて、いろんなことの「勢い」が弱くなってきますねえ。

 若いころは(……という言い方自体がすでに年寄りくさいですが)、好奇心とか自己顕示欲とかもそれなりにあったものですが、40歳を過ぎるあたりから勢いがなくなって、すっかり落ち着いてしまいました。オシッコの勢いなども、昔はそれなりにジャーッ! と出ていると自負していましたが、昨今ではジョジョジョーッというのが関の山で、ジョッジョッ〜とすこぶる歯切れの悪いこともしばしばです。

 ただ、勢いが弱まるどころか、歳とともにむしろ激しくなっているのが、おならの勢いでしょうか。ときには暴発のようにボフッ!! と出ますし、人通りの少ない歩道などで、すかしっ屁のつもりで放出したら思いのほか激しいものが出てしまい、周りの人々から一斉に振り向かれたこともあります(笑)。

 トイレで大をするときも、ちょっと便秘気味のときなどにおならが暴発すると、空気銃の原理で超高速で飛び出した弾丸のような小さい固形物がものすごい勢いで洋式トイレの水面を打って、返ってきたすさまじい「お釣り」でおしり全体がベッチャベチャになったことがあります。

 これも加齢の宿命かと思っていたのですが、周りの同世代に話しても全然共感してもらえないどころか、逆に驚かれたりあきれられたりで、歳を取るのも難しいものだなァと。

−−−

 夕食。

 メカジキの山椒煮、野菜&ポテトサラダ、みかん、あんぽ柿(一週間くらい冷蔵庫に置いていたらアルコール発酵していて旨さ倍増!!)、白菜の昆布漬け、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ほうれん草とモヤシのカレー塩昆布和え、豚しゃぶの黒七味ポン酢、ニラと納豆の巣ごもり。

 

2月17日(水曜) 夜

 本日のありがたいお寺の標語です。

 当方、帰宅したら手洗いとうがいはしていますが、お念仏はしていませんねえ。

 ところで、お念仏って帰ってからするものなんですか〜?

−−−

 夕食。

 ぶりの煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、もやしとほうれん草のカレー塩昆布和え、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、粕汁、春菊のオキアミポン酢、焼き厚揚げのカイワレ黒七味おかか醤油。デザートに 若干賞味期限を過ぎたマールブランシュのリーフパイ。

 

2月16日(火曜) 夜

 BOXティッシュに水をこぼしてしまったときの無力感(笑)。

 直後はベチョベチョで、ペーパーを引き出そうとしても千切れてしまうし、乾くのを根気強く待ったところで、ボワボワになって触感も悪いうえ、使いにくいことこの上なしで。

 ただ、文庫本を水で濡らしてしまったときの無力感に比べたらまだマシな気がします。本って濡らすと、どうしてあんなにボワッボワになるんでしょうねえ。読む気も急降下してしまいますわ。

−−−

 夕食。

 ヒラメのバターソテー、野菜&ポテトサラダ、あんぽ柿、みかん、豚しゃぶ&カイワレ、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、白菜の昆布漬け、もやしとほうれん草のカレー塩昆布和え、菜の花の辛し和え。

 

2月15日(月曜) 夜

 週末のようすです。

近所レストラン「ロカヴォ」のテイクアウト弁当、ハンバーグ&カキフライで、白ワインと赤ワイン。家で飲むときは、白ワインと赤ワインのボトルを両方スタンバイして、料理に合わせて飲めるのがよいところです。
 カキフライは白ワイン、ハンバーグは赤ワインで、ポテトフライは両ワイン交互で美味しくいただきました。
 
二日酔いで寝坊して、昼前に朝昼兼用。休日の第一食はだいたいこんな感じです。残飯丼にサバ缶、あんぽ柿、お茶。
 
いつもの宇治川ジョギング10km。まだ2月なのに桜が咲くのではというほど暖かくて、もう菜の花もたくさん咲いていました。
 ちなみに、iPhoneで初期画面にパスワードを入れずにそのまま写真撮影する方法を、海外在住の方から教えていただいたので(笑)、こういったどうでもいい写真を再びよく撮るようになりました。
 
久しぶりに明治天皇陵を通ります。
 
明治天皇陵から伏見桃山城に立ち寄りました。サイクリストの方が熱心に撮影しておられましたが、このお城、鉄筋コンクリートの張りぼてであることはご存知なのでしょうかね……。
 
東山のデリカテッセン「レザン」のテイクアウト前菜盛り合わせ(500円)と、鶏ハム、シウマイで宅飲み。
 
翌日のブランチは、スーパーの寿司とうどん、みかん、白菜漬け、お茶。

−−−

 夕食。

 ブリカマ焼き、野菜&ポテトサラダ、ほうれん草の胡麻和え、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め、もやしとニラの塩昆布ごま油和え、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、小茄子の漬物(既製品)、春菊のオキアミポン酢、キムチ冷奴。

 

2月12日(金曜) 夜

 ここのところ、買ったばかりのiPhoneのことばかりでスミマセン(笑)。

 おそらくほとんどの人が10年前くらいに通っている道だという気もするのですが、スマホカバー問題に直面しております。

 「もし落として割れたりしたら……」とか「画面が傷ついたりしたら……」とか考えると、どうしても丈夫なカバーをしたくなります。それで当初は、手帳型(表紙カバーがついているタイプ)を使っていたのですが、これだと写真を撮るのが面倒すぎて、撮る気が急降下してしまいまして。

 今まで使っていたデジカメだと、「電源ボタンを押す」という1アクションでシャッターが切れる状態になっていたのですが、スマホだと同じ状態に持っていくためには、「表紙カバーを開いて、画面をスワイプしてパスコードを入力して、カメラのアイコンをタップする」という4アクションが必要になるのですねえ。

 そもそも自分が撮るものなんて、撮っても撮らなくてもどっちでもいいような写真ばかりなので、1アクションなら半ば無意識にサっと撮るけれど、4アクションも必要となると、自分の中での「費用対効果」が釣り合わなくなってきて、ほんと撮らなくなってしまって。

 ま、撮らなくても全然いいわけですが、せっかく高画質で撮れるのにこれだとちょっともったいないので、せめて3アクションで撮れるようにということで、表紙カバーのないタイプに変更しました(下写真の左側)。いろいろと試行錯誤の日々であります。

 ところで、手帳型のスマホカバーって、欧米の人たちも使ってるんですかねえ。なんか、こういうのって非常に日本人的というか、一眼レフに革製のカメラカバーを付けたり、PCのキーボードにカバーをかけたりする発想なのかなーという気がしてなりません。

−−−

 夕食。

 サバ寿司(既製品)、野菜&ポテトサラダ、粕汁、ほうれん草の白和え、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、白菜の柚子漬け(既製品)、モヤシの塩昆布のカレーごま油和え、焼きピーマンのおかかポン酢。デザートにミカン。

 

2月11日(木曜) 夜

 建国記念の日で休みの一日でした。

久しぶりに家の掃除をしました。床の掃除機かけとコタツ机の整理で小一時間。iPhoneの充電&同期用コードをコースターに巻く形にして、省スペース化しているのが、ちょっとした工夫(自称)です。
     
色がハゲてきていた革スニーカーを靴墨で磨いてキレイにいたしました。
 
そしていつもの宇治川ジョギング12km。京阪電車が見られるのも、ささやかな楽しみのひとつです(笑)。
 
ときどき通っていた橋が老朽化のため通行止になっていて、ちょっと残念。

−−−

 夕食。

 鰆の煮付け、野菜&ポテトサラダ、玉子豆腐、モヤシの塩昆布ごま油カレー和え、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、ひじき煮、白菜の柚子漬け(既製品)、紅茶豚。デザートにみかんとブラックサンダー。

 

2月10日(水曜) 夜

 本日のシャイニング・スター。

 いやー、実に見事な、輝かんばかりの「もやり」っぷりです。

−−−

 夕食。

 エテカレイの煮付け、野菜&ポテトサラダ、ひじき煮、紅茶豚、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、春菊&大根皮のポン酢漬け、モロキュウ。デザートに、みかんと羊羹。休日前なので日本酒2合飲みました。

 

2月9日(火曜) 夜

 iPhoneを買って以来、ジョギングするときは音楽を聴いているんですが。

 いままでイヤホンを持っていないかったので、スピーカーから音を垂れ流していました。懐かしいハードロックを周りに気を遣って小音量でかけながら、ひとけの少ない河川敷をコソコソ走るという、なんとも肩身の狭い感じでありまして。

 そんなわけでチョット奮発して、骨伝導のワイヤレスイヤホンを買いました。

 AfterShokzのAeropexというモデルで、 骨伝導ワイヤレスです(BlueTooth接続)。19000円少々なり。

 耳の穴を塞ぐことなく、こめかみの辺りにフィットさせる振動板によって耳付近の骨を伝って音が聞こえる仕組みのようで、音楽を聴いていても外界の音がそのまま聞こえるので、周りの通行者や自転車、クルマなどの音も聞こて安全にジョギングできるというすぐれものです。

 さっそく使ってみたところ、耳の穴がイヤホンで詰まっていないのに、ちゃんと音楽も周囲の音も聞こえるので不思議な感じですが、これは快適でいいですねえ。

 iPhone買っても結局、写真と読書と音楽鑑賞にしか使ってませんわ(笑)。

−−−

 夕食。

 金目鯛の煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、ひじき煮、粕汁、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、もやしとキュウリの塩昆布和え、春菊のオキアミポン酢、キムチ冷奴。

 

2月8日(月曜) 夜

 週末のようすです。

買い物の所用のため、久しぶりに京都市内に出ました。新京極もシャッター商店街のようになっていて軽くショックを受けますねえ……。
     
昼食に寺町通の有喜屋にお邪魔しました。先斗町の本店に比べてずいぶんとこじんまりしていますが、手打ちそばの旨さは同じでしょう。
   
サービスセットの天丼&ざる蕎麦で、日本酒1合。麺類では蕎麦がいちばん好きですわ。
   
そのまま散歩がてら南下して、東本願寺にてニャンコさん2匹。
 
伊勢丹で買って帰った寿司で、自宅にて日本酒。
 
翌日はiPhoneで音楽を聴きながら宇治川ジョギング12km。  

−−−

 本日の夕食。

 サバの味噌煮、野菜&ポテトサラダ、みかん、ほうれん草の胡麻和え、ひじき煮、粕汁、玉子豆腐、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、大根皮のポン酢漬け、モヤシの塩昆布ごま油和え、春菊のおかかポン酢。デザートに近所のスーパーで買ったケーキ。

 

2月5日(金曜) 夜

 なぜコレがココにあるのか? ……と訝ってしまうことが時々あります。

 たとえば近所のスーパーの前の植え込みに、餃子のタレが捨てられてました。

 買ったばかりの餃子をこの植え込みに座って食べたんでしょうかねえ。それにしては、せっかくのタレを使わないのも不思議ですし、そもそも餃子って生では食べられんでしょう。

 それとも、買ったばかりの餃子を生のまま、タレも付けずにムシャムシャ食べた人がいるんだろうかとか、どうでもいいことを数分間考えさせられて、ちょっと損した気分です(笑)。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ、みかん、ブルガリアヨーグルト、粕汁、豆苗と舞茸とお揚げのお汁、野沢菜漬け、大根の皮のポン酢漬け、こんにゃくとエノキの土佐煮。

 

2月4日(木曜) 夜

 迷信の類はほとんど信じないのですが。

 スマホを買うことに決めた先月から、それまで問題なく使っていたガラケーのバッテリーが急激にへたってきて、1日持たないようになりました。そして、スマホを買った1週間後に、それまで問題なく使っていたコンパクトデジカメカメラが突然うんともすんとも言わなくなって昇天されました。

 新しい電化製品を買うと、それまで使っていた製品が「拗ねる」と聞いたことはあって、そんなわけないだろう! と一笑に付していたんですが、実際にこういうことも起こるんですねえ。まァ、冷静に考えると、それまで毎日使っていたのを急にしばらく使わなくなった上、再び通電したものだから、劣化していた電子回路にとって「最後の一押し」的なダメージになったのかもしれません(門外漢なので全然知りませんが)。

 でも、どちらも何となく捨てられず、収納棚の奥にしまい込んでいます(笑)。

−−−

 夕食。

 金目鯛の煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、シラス大根おろし、ほうれん草の胡麻和え、豆苗と舞茸とお揚げのお汁、菜の花の辛し和え、こんにゃくとエノキの土佐煮、牛肉煮の巣ごもり、もやしとニラの塩昆布カレーごま油和え。デザートに、リーフパイ(頂きもの)と、あんぽ柿。

 

2月3日(水曜) 夜

 携帯ストラップにもいろいろありますが、世界で最も大きいのはコレでしょう↓。

 名付けて「地球ストラップ」。

 スマホに地球そのものが結ばれているので、紛失や盗難の恐れがまずありません。というか、紛失しても盗難されても、携帯ストラップ(地球)の中のどこかにあるはずなので安心です。おまけに、世界中の石油もダイヤモンドも何もかも、すべて携帯ストラップの中にあるので、いきなり世界一の大富豪になってしまえます。

 唯一の問題は、地球が重すぎて自由に身動きできないことでしょうか。

 外で地球ストラップすると自宅に戻れなくて不便だという場合は、家のドアノブなどに括りつけても同様の効果があるのでオススメですぞ!

−−−

 夕食。

 鮭のバターソテー、野菜&ポテトサラダ、ほうれん草の胡麻和え、野沢菜冷奴、粕汁、豆苗とお揚げのお汁、こんにゃくとエノキの土佐煮、菜の花の辛し和え、もやしとニラの塩昆布カレーごま油和え。デザートにミカン。

 

2月2日(火曜) 夜

 先日届いた直送牡蠣で作ったカキフライでそこそこ飲んでしまったので、食事の紹介のみで失礼します。

 ニタリクジラの刺身(漬け)、野菜&ポテトサラダ、もやしとニラの塩昆布カレーごま油和え、しらす大根おろし、菜の花の辛し和え、こんにゃくとエノキダケの土佐煮、カキフライ。で、白ワイン半瓶と日本酒1合。

 

2月1日(月曜) 夜

 週末のようすです。

美人妻Iさんのつてで毎年、産地直送で買わせていただいている牡蠣が届きました〜。
  
セル牡蠣はそのままフライパンで焼いて、焼き牡蠣にします。火を通す時間は、以前「ためしてガッテン」で紹介されていた8分間でバッチリ!
   
焼き牡蠣ざんまいで、日本酒3合と白ワイン1本。いやー、つくづく旨い!!
  
モザイク入れなくていいの!? ……と言われそうですが、牡蠣ですので(笑)。それにしても、肉厚でくさみが全くなくて最高の味です。
  
翌日はiPhoneで音楽を聴きながら、山科川ジョギング12km。アマゾンプライムの聴き放題に、中学〜高校時代によく聴いた懐かしい曲がたくさんあって楽しいですわ。
 でも、イヤホンを持っていないので、小さい音で流しながら手に持って、空気伝導で聴きながら走ってました。人がほとんどいない河川敷だからこそできる聴き方です。
 
夕食は王将にて、餃子、レバニラその他で瓶ビール1本。
 
翌日は近所のスーパーで買った500円の海鮮丼と、カップラーメン、緑茶。

−−−

 本日の夕食。

 鮭の西京焼き、野菜&ポテトサラダ、ほうれん草の胡麻和え、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め卵とじ、豆苗と舞茸とお揚げのお汁、菜の花の辛し和え、野沢菜冷奴、もやしとニラのカレー塩昆布ごま油和え。デザートにみかん。

 

1月29日(金曜) 夜

 夏は紫外線対策、冬は防寒の目的に加えて、頭のハゲ隠しも兼ねて、外では帽子をかぶることが多いです。

 で、気に入ってよくかぶっている帽子がいくつかあるんですが、知人から「その帽子、年がら年中かぶってるね」と言われてしまいました(笑)。

 たしかにその通りかもしれないけれど、せめて「オールシーズン」と言ってくれ!

 同じような意味合いでも、「オールシーズ」ンと「年がら年中」では印象がずいぶんと違う気がするのは自分だけでしょうか。たとえばハイテク素材のスポーツウェアなんかでも、 

 「防水透湿&速乾、オールシーズン着用可能!」
 「防水透湿&速乾、年がら年中着れます!」

 こうやって両者を比べてみると、前者は合理的なスグレモノ感があるのに対して、後者はなんだか着た切り雀みたいなズボラ感があるような……。

 ま、正直に言うと、心情的には後者なので、知人の指摘は言い得て妙ではあります。

−−−

 夕食。

  金目鯛の煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、鶏手羽元トマト煮込み、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め煮、ほうれん草の胡麻和え、もやしのカレー塩昆布和え。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

1月28日(木曜) 夜

 iPhone12は「FACE ID」という機能が付いていて、自分の顔を認識させて登録しておくと、以降は「顔パス」でログインできる仕組みになっています。

 これは便利そうだと思って、買ったその日に登録の作業をしました。休日に酒を飲みながら、酔っぱらった状態で自分の顔を認識させたので、ふと我に返って、「酔った状態の顔でなければ認識されなくなったら大変だ!」と青ざめたのですが、翌日シラフで試してみたら全く問題なくログインできたので、ホッと胸をなでおろし ている次第で(笑)。

 あと、きっと多くの人が試していることでしょうけれど、どのくらいの表情までが本人と認識されるのだろうと思って、表情を作ってみたり変顔をしてみたりして遊んでました。その結果、ちょっと表情を作る程度だったら全く問題なくログインできましたが、「全力でクシャおじさんの顔真似をする」などして目鼻が大幅に変化するとログインできませんでした。

 ただ、最大の問題は、マスクをしているとFACE IDでは全く認識されないできないんですねえ。今のご時勢、出先ではほぼマスクをしているので、FACE IDを使えるのはもっぱら自宅のみなのですが、自宅ではスマホではなくPCを使うので、結果的にちょっと無用の長物的な機能となっています。

−−−

 夕食。

  鯛の煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、鶏手羽元トマト煮込み、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、モヤシの塩昆布ごま油和え、ヒジキと大豆の煮物、ほうれん草と納豆の巣ごもり。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

1月27日(水曜) 夜

 iPhone12は今のところ、デジカメ撮影と出先でのキンドル読書の用途に落ち着いております。

 それにしても、iPhoneで撮った写真の出来のよさ! さらにモードを工夫すれば、まるでデジタル一眼レフで撮ったかのような仕上がりになりますねえ。

 今までずっとコンデジを使ってましたが、デジカメがオワコンと言われているのが実感として分かります。レンズは小さくて薄いものだし、光学系ではなく画像処理エンジンが優れているんですかねえ。…とか言ってて、あと10年20年経ったら、「デジカメって新鮮でオシャレだよね!!」みたいなレトロブームが来るかもしれませんが(笑)。

 ただ、ずっと前からiPhoneを使っている知人は、新しいスマホに買い替えるたびに「サクサク動作する!」といった感動があるそうで。その点、いきなりガラケーから最新のiPhone12に乗り換えた当方などは、そういった感動がちっとも無いのが少々残念な気がします。

 ロード自転車でも、最初に6〜7万円のクロスバイクを買って、それなりに満足したうえで、数十万円する本格ロードバイクを買うと、「おおーっ違う!」という感激がありましたからねえ。

 そんなわけで、本日撮った京都御所の木です。

  iPhoneの写真がキレイとか書いてますが、そもそもこんなウェブ日記に載せてる低解像度の写真なんて、何で撮ってもほぼ変わりませんでした。写メで十分です。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ、みかん、もやしのカレー塩昆布和え、白菜の昆布漬け、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、玉子豆腐、ヒジキと大豆の煮物、ほうれん草の胡麻和え。

 

1月26日(火曜) 夜

 ガラケーからスマホに乗り換えて3日目。

 出先のどこでもネット環境があるのは快適だし、山登りやランニングと連動するアプリを使えたりキンドルを読めたりするのも便利だなあと思うのですが、これって半年も経てば幸福順応で、「いつも手元にスマホがあるのが当たり前」になって、逆に手元にないと不便で仕方なかったり、イライラしたりするんだろうなとも思います。

 たとえばアスファルトの道路なんかも、発明された当初は通る人々の多くが「すげーっ!」と感動していたと思うのですが、現在では道路といえばアスファルトが当たり前で、逆に未舗装の道路に出くわすと「なんでやねん!」と舌打ちする人のほうが多いんじゃないでしょうか。

−−−

 夕食。

 鰆の煮付け、野菜&ポテトサラダ、鶏手羽元トマト煮込み、ヒジキと大豆の煮物、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ほうれん草と納豆の巣ごもり、もやしのカレー塩昆布和え、白菜の昆布漬け、デザートにみかん。

 

1月25日(月曜) 夜

 週末のようすです。

久しぶりの「花吹雪」にて、焼き牡蠣、刺身盛り合わせその他で、白ワイン1本、清酒1杯、焼きいも焼酎1杯。夜7時ラストオーダー、夜8時閉店の時短営業です。
    
翌日は、9年近く使い続けているガラケー(それも年寄り向けモデル。笑)を、ついにスマホに切りかえる手続きに行きました。
 スマホを持っていないと、いよいよいろいろと生活に支障をきたすようになってきたもので。
 たとえばLINEも、ガラケーでのアカウントが来月で打ち切りになって、以降使えなくなるとかで 、これはもうスマホに替えるしかないなと観念した次第です。
  
ジャジャーン、iPhone12に新調しました! 3Gのガラケーから、4Gを一度も使うことなく、5Gへとワープです(笑)。
 ガラケーからの乗り換えなので、本体価格が定価から2万2千円引いてもらえました(3Gの終了と4G以降への切り替えは会社側の事情による お願いなので。とのこと)。利用料もデータが月1ギガまでなら月額1078円という安さです。
  
京都駅地下ポルタの「富士屋」にて、天ざるで日本酒1合とそば焼酎1杯。
 
帰宅して、iPhoneの初期設定にいろいろ手間取って疲弊したので、サバ寿司、からあげ、菊菜のお浸しで日本酒にてセルフ打ち上げ。
 iPhoneにキンドルのアプリを入れて、アマプラで無料公開されている本をパラパラ読んだりしてました。
 
翌日はiPhoneの登山向けアプリ「ヤマップ」を試しがてら、近所の大岩山展望台までジョギング10km。
  
iPhoneのセルフィーを使ってタイマー撮影。使い方がまだ慣れませんわ。

−−−

 本日の夕食。iPhoneで撮ってみたんですが、デジカメよりもビビッドで綺麗に撮れている気がします。

 ぶりの煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め、白菜の昆布漬け、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、モヤシの塩昆布ごま油和え、ひじきの煮物、ほうれん草のおかかポン酢。デザートにブルガリアヨーグルト。

 

1月22日(金曜) 夜

 オンボロになってきた肌着やパンツの類は、自転車の掃除用にと思って、捨てずに玄関先の収納に置いているのですが。

 最近あまりロードバイクに乗らないこともあって、オンボロの肌着やパンツばかりが玄関先にどんどん増え続けています。

 靴の収納を開くと、右側の一角がほとんど「男のタンス」と化していて、あー気が付けばこういうことになるのだなァと、我ながら失笑するばかりです。

 ちなみに靴も、もう少しちゃんと並べろよと思いますが(笑)。そして、ぼくのロードバイクがピカピカなのは、下着で拭きあげているからです。

−−−

 夕食。

 スズキの煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、焼きピーマンのおかかポン酢、白菜の昆布漬け、小松菜とお揚げのお汁、納豆の巣ごもり、切り干し大根の煮物、鶏手羽元のトマト煮込み。

 

1月21日(木曜) 夜

 近所にある、昭和な喫茶店です。

 オサレ感ゼロの店名もさることながら、「日曜・祝日休業」を前面に押し出しているのがいいですね(笑)。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ、みかん、白菜の昆布漬け、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、玉子豆腐、切り干し大根の煮物、豚肩ロースのガーリックソテー&ほうれん草。

 

1月20日(水曜) 夜

 近所に突然、こんな石碑が登場しまして。

 京都伏見が寒天発祥の地!? 寒天って海藻が原料ではなかったでしたっけ??

 ホンマかいなと思いながらも、ついネットで調べてしまいましたが、ウィキペディアによると、確かに

江戸時代前期、山城国紀伊郡伏見御駕籠町(現:京都府京都市伏見区御駕籠町)において旅館「美濃屋」の主人・美濃太郎左衛門が、島津大隅守が滞在した折に戸外へ捨てたトコロテンが凍結し、日中に融けたあと日を経て乾物状になったものを発見した。試しに溶解してみたところ、従来のトコロテンよりも美しく海藻臭さもなかった。これを黄檗山萬福寺を開創した隠元禅師に試食してもらったところ、精進料理の食材として活用できると奨励され、その際に隠元によって寒天と命名されたという。

以上を寒天の起源とする伝承は複数の書物に見られるが、具体的な時期は諸説ありはっきりとしない。

 …と書いてあって、そうだったのかーと(単なる二次情報でスミマセン)。

 ちなみに、隠元禅師が日本に持ち込んで紹介したのが隠元豆(インゲンマメ)だというのは、割と有名なマメ知識でしょうか。

−−−

 夕食。

 金目鯛の刺身、野菜&ポテトサラダ、鶏手羽元のトマト煮込み、白菜の昆布漬け、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、切り干し大根の煮物、冷奴。デザートにみかん。

 

1月19日(火曜) 夜

 ズボンを吊るすための専用ハンガーというものが存在することを、齢47歳になって知りました(笑)。それも100円ショップで。

 さっそく何本も買い込んで、クローゼットのおもなズボンを吊るして満足を得ております。

 ズボンに折り皺が付かないよう、滑り止め加工が施された厚みのある芯が使われています。

 今までどうしていたかと言うと、普通のハンガーにタオルを巻いたりして工夫していました。↓
 (上が手作りズボンハンガー、下が100円ショップで購入した専用ハンガー)

 世の中には知らないことが沢山あるというか、知っていることなど本当に僅かであることは承知しているつもりではあるのですが、この度は専用ハンガー購入による生活レベル上昇に大きな喜びを感じると同時に、自分のあまりの無知に深い悲しみを感じて、まさしく悲喜こもごもです。

−−−

 夕食。

 赤メバルの煮付け、野菜&ポテトサラダ&ハム、みかん、白菜と豚肉の煮物、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、切り干し大根の煮物、ほうれん草の胡麻和え。デザートにアロエヨーグルト。

 

1月18日(月曜) 夜

 週末のようすです。

いつもこの時期に伺っている、近所のフレンチ「アンペイジ」に行ってきました。店名はフランス語かと思っていたんですが、店主の苗字「安平治」さんが語源のようで(笑)。
  
広々とした店内は、そのまんまソーシャルディスタンス! 時短営業なのでディナーではなく、ランチタイムにお邪魔しました。
  
牡蠣の乾燥レモン添え。わー、これは旨い!! まわりの赤いものは戻す前の寒天で、食べられますがあまり旨くなかったです。
 
ハタのポワレ、九条ネギ添え。皮パリッパリで、身ぃフワッフワ。いやー、もう完璧すぎて文句なしです。このあたりで白ワイン1本空けました。
 
熟成豚背ロース・ロティ(ロースト)。ここからは赤ワインに切りかえて第二ラウンドです。うーん、脂が甘くてうまみがジュワ〜っとたまりません。
 
デザートは赤ワインとエスプレッソで。
   
翌日はいつも通り、スーパーの寿司&カップうどん。

−−−

 本日の夕食。

 ぶりの煮付け、野菜&ポテトサラダ&ハム、みかん、切り干し大根煮、鶏手羽中の塩山椒焼き、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、もずく酢、ほうれん草の胡麻和え。デザートにアロエヨーグルト。

 

1月15日(金曜) 夜

 FUZEI写真よりもさらに恥ずかしいので、ほとんどアップしていませんが、「現代アートっぽい?写真」を撮ることがちょくちょくありまして。

 たとえばこんなやつです↓(笑)

 アートっぽさって何なんだろうなーと自分でもよくわからないながら、もちろん感覚的に「なんかええのう」というのはあるんですが、おそらくは過去にこんな感じの作品をどこかで見たことがあって、それが無意識のうちに刷り込まれて「アートっぽい」となっているのが関の山でしょう。

 独創性なんてものは、少なくとも自分の場合、そもそも存在しないいことを改めて思います。

−−−

 夕食。

 エテカレイの煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、小松菜と舞茸とお揚げのマロニー入りお汁、白菜と豚肉の煮物、春菊のオキアミポン酢、菜の花の辛し和え。デザートにマンデルチーゲル(頂きもの)。

 

1月14日(木曜) 夜

 細かいことに頓着しない人が、嫌味とか皮肉とかではなく、うらやましいなあーと思うことがあります。

 たとえば自転車のサドルですと、こんなに左向きに歪んでいても、大丈夫な人もいるんですねえ。おまけにマックデリバリーだし(それは関係ないですか。笑)。

  自分などは、サドルの高さや左右の振れは1ミリ単位どころか、0.5ミリ単位で調整して、ピッタシくるところを探して乗っています。ちょっとでもズレていると、気になって気になって、ずーっと違和感があって気持ち悪いんですねえ。

 そうやって、細かいことに拘泥してイライラしているとき、「ああ、なんて了見が狭いのだ当方は……」と、しみじみ自分が情けなく、嫌になってくることが今までに何度もありました。

 そのくせ自宅は散らかり放題だったりするんですが、「懐が深くビッグな人間」へのあこがれというのは、きっと永遠にあこがれのままです。

−−−

夕食。

 鯛の潮汁&マロニー、野菜&ポテトサラダ、みかん、鶏手羽元の旨煮、焼きピーマンのおかかポン酢、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、菜の花の辛し和え、小茄子の浅漬け。

 

1月13日(水曜) 夜

 どんなものかという興味半分で、養命酒を買ってみました。

 アルコール度数は14度で、ワインと日本酒の中間くらいですが、いろんな漢方薬の成分が入っていて、末端冷え性にも効くとの能書きがあったので、試してみようと思った次第です。

 本当は1日3回、20mlずつ飲むようですが、朝から飲むと職場で酒臭いと言われてもナンなので、寝酒にしてみようと思います。漢方薬なので飲みすぎは厳禁(笑)、容量を守ってになりますが。

 さっそく1回分飲んでみたところ、薬草っぽい味と香りに甘味が付いていて、甘めのベルモットみたいな感じです。ソーダーで少し割ると美味しくなるかな。

−−−

 夕食。

 ホッケの開き、野菜&ポテトサラダ、みかん、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、モヤシの塩昆布カレー和え、豚肉と白菜の煮物、ほうれん草の白和え。デザートにチョコレートパイシュー(ゲベッケン、半額)。

 

1月12日(火曜) 夜

 こちら京都も今シーズン初めて雪化粧しました。

 ただ、20年前くらいを思い返すと、お正月までには何度か雪だるまが作れるくらい積もっていたので、京都の冬も底冷えと言われながら着実に温暖化しているんだなーと感じさせられます。

 −−−

 夕食。

 ぶりの煮付け、野菜&ポテトサラダ、みかん、鶏手羽元の旨煮、玉子豆腐、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、もやしのカレー塩昆布和え、菜の花の辛し和え、キムチ冷奴。デザートにバナナケーキ。

 

1月11日(月曜) 夜

 週末のようすです。

京都も再び緊急事態宣言になりそうですが、近所で最もつぶれてほしくない店のひとつ「ロカヴォ」にてハンバーグとカキフライのプレート(1800円)で赤ワイン1本(2000円)。メニューをちょっと変えられて、プレートも一層充実しています。
 
翌日の昼は大手筋商店街の大衆イタリアン「マンジャ・マンジャ」にて、ペスカトーレとフライドポテトで昼間っから白ワイン1本。 全然期待してませんでしたがパスタは意外とそこそこ美味しかったです。
  
白ワイン1本飲んでほろ酔いにて、明治天皇陵の大階段を散策。
 
飲んでるので無理せず、ゆっくり昇りました。
  
帰宅途中に近所のスーパーで買った蕎麦を茹でて、玉子とネギ、惣菜天ぷらで麦焼酎ロック。
 
翌朝は二日酔いで、簡単うどんとバッテラ寿司と緑茶。
  
二日酔いがおさまった午後からいつもの宇治川ジョギング10km。
 
いよいよ本格的に寒くなってきたので、最も気温が高そうな3時台に走るようにしています。

−−−

 本日の夕食。

 ブリカマ焼き、野菜&ポテトサラダ、みかん、小松菜とお揚げのお汁、モヤシの塩昆布ごま油和え、白菜と豚肉の煮物、もずく酢、ほうれん草の胡麻和え、焼きピーマンのおかかポン酢、キムチ冷奴。

 

1月8日(金曜) 夜

 最近の精肉は、なんだか細分化が進んでいるのでしょうか。

「しゃぶしゃぶ用」はよく見かけますね。だいたいロースかバラの薄切りですが、冷しゃぶならロース、温しゃぶならバラが個人的には好きです。
 
同じロースでも、こちらは「生姜焼き用」です。律義な人はきっと、生姜焼きにしか使わないんでしょうね。それ以外には使えない肉や! と。
 
…かと思えば「多用途」用まで登場していました(笑)。これを言っちゃあオシマイでしょう。
 ちなみにこの肉、脂身が妙に多いので、煮込み料理に使うとほとんど溶けてなくなってしまいそうです。
 各々どういう違いがあるのか今ひとつ分かりませんが、まァ販売促進上の諸事情があるんでしょう。

−−−

 夕食。

  ぶりの刺身、野菜&ポテトサラダ、みかん、鶏肉の旨煮、小松菜と舞茸とお揚げのお汁、納豆の巣ごもり、菜の花の辛し和え。

 

1月7日(木曜) 夜

 我ながら今さらながら感もありつつ、『風の谷のナウシカ』の原作コミックを読んでおります。

 …というのも先日、NHKで放映された『新作歌舞伎・風の谷のナウシカ』の録画を観てみたところ、歌舞伎なので言い回しが分かりにくいのもあるんですが、自分が観たことのある映画版ナウシカは、原作コミック(全7巻)中の第2巻までしか描かれていなので、それ以降になると新作歌舞伎版を観ていても正直ストーリーについていけずチンプンカンプンで、せっかくなのでこれを機に原作を読んでみようと思った次第です。

 アマゾンで注文した新刊が届き、さっそく読み始めています。

パッケージに入った全7巻セット! ポスターとかいろいろ入って、全部で3130円+税とリーズナブルな価格設定です。
 
第1巻の奥付を見ると、さすがの151刷! いやー、さすが国民的作品です。
 
ただ、巻が進むにつ入れて刷数は少しずつ減少し、同じ日付でも、
第2巻:149刷
第3巻:138刷
第4巻:126刷
第5巻:101刷
…となっていきます。途中で脱落した読者が一定数いるということでしょうか。
 
…と思っていたら、第6巻では106刷と再び増加していて、うーむ謎です(笑)。
第5巻だけ飛ばして読むのが流行したんでしょうかねえ。  

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、野菜&ポテトサラダ、小松菜とお揚げのお汁、ワンタンスープ、納豆の巣ごもり、白菜の昆布漬け、ほうれん草のお浸し。デザートにみかん。

 

1月6日(水曜) 夜

 自転車は好きなので、ロードバイクでもシティサイクルでも、気になるものがあるとつい撮ってしまうのですが。

 本日の自転車です。

 モリ、モリ。おそらく所有者がモリさんなのでしょうけれど(そうでなかったら逆に興味深いです。笑)、ネームを二個所に書く感覚がいいですね。

 そういえば小学生のときの上履きに、親が何か所にも名前を書いて、恥ずかしくて嫌だったのを思い出しました。

−−−

 夕食。

 棒鱈&里芋、野菜&ポテトサラダ、みかん、納豆の巣ごもり、小松菜とまいたけのお汁、数の子、鶏肉の旨煮、ほうれん草の胡麻和え、白菜の昆布漬け、菜の花のからし漬け。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

1月5日(火曜) 夜

 少し長めの年始休みを取っていたので、宇治方面を散策してきました。

宇治川の風景。人出も少なく、澄んだ青空と水面が、冷たい空気とあいまって、よい清涼剤となりました。
 
NHKの「ランスマ」で紹介されていた興聖寺に足を運び、門から本尊までの坂道200mを駆け上がりました。
 
宇治と言えば名産の宇治茶。当然のことながら、自販機の商品はすべてお茶です。
 
通りすがりのイタリアン「トレ・ヴェルディ」にて昼食。ランチセット(前菜+パン、ペスカトーレ)で、ビール小瓶と白ワイン1杯。食後に赤ワイン1杯。 観光地らしからぬ本格イタリアンで、文句なしに美味しかった!!
  
ほろ酔いで付近の大吉山(仏徳山)に登りました。標高131メートルの低い山ながら、展望台からの眺望は意外にナイスです。
 
よーく見ると平等院の姿もあります。よし、下山して行ってみよう!
  
…というわけで、平等院鳳凰堂の前にやってきました。多くの人が撮りがちな、お約束のベタな一枚。
 
平等院の喫茶店にて、お干菓子と抹茶。

−−−

 本日の夕食。

 棒鱈&里芋、野菜&ポテトサラダ、ワンタンスープ、数の子、小松菜とお揚げのお汁、納豆の巣ごもり、ほうれん草のオキアミポン酢、菜の花のからし漬け。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

1月3日(日曜) 夜

 平常運転の年始で過ごしております。

とくにすることもないので、いつものジョギング。女の子が自分の背丈よりも大きい凧をあげてました。
 …しかし今のご時勢、ぼくみたいなオッサンが小さい女の子の写真を無断で撮ったりするのはちょっとNGになってきてますね。気を付けたいと思います。
   
山科川を六地蔵あたりまでのぼって15km走りました。「マラソン大会もないのに、どうしてそんなに走ってんの!?」と訝られることもあるのですが、答えはひとつ、「老人になっても酒を飲める身体でいたいから」です(笑。でも本当)。
 
鯛ちりセット(頂きもの)にて鍋。たまの鍋もすこぶる旨いです。で、日本酒。
 
〆の雑炊がまた旨い! ここでも日本酒。

 

1月2日(土曜) 夜

 実家から早々に帰ってきました。

そのまま阪急・河原町駅で下車して、高島屋がオープンする午前10時になるまでの小一時間、近くのとびっきりお洒落なカフェテラス(ドトールコーヒー)にて、これまたお洒落なブックを読書タイム! あー、イケてるわ〜当方!
  
毎年のルーチンになっていますが、高島屋の初売りセールに駆けつけまして。今回購入したのは、カッターシャツ、マフラー、ちょっといい靴下、安売りのベルト、ウールのズボン(裾直し中)。
 
高島屋に入っている蕎麦「尾張屋」にて、ザル蕎麦とにしんで、日本酒300ml。蕎麦はつくづく旨くて好きです。
 
帰宅して、皿うどん、ちぢみほうれん草のお浸し、サバ缶で、日本酒(月の桂・物集女)。
 
加えて、年内に食べきれなかったシュトーレンで、赤ワイン。えーい、年末年始はチートデイというか、チートウィークと腹を据えました。

 それにしても休日というのは、驚くほど飛ぶように過ぎていくものですね。飲んだくれながら食べてばかりなので、重なるのは体重のみです。

 

1月1日(金曜) 夜

 元日ですね。あけましておめでとうございました。

 ちょっとどうかな思いつつも、とくにコロナ接触の可能性もなさそうなので、いつも通り実家に帰っております。…と言っても、チャリで30分、電車で40分くらいで帰れる実家ですが。

実家に帰る前に、いつも通り宇治川ジョギング10km。今年初走りはいつも通り、今年の運勢を予感させられます(笑)。
  
元日の澱川橋梁。心なしか、いつもと違って見えますが、単に交通量が少ないからでしょう。
   
実家に帰って、いちおうソーシャルディスタンスに気をつけながら、両親とひそやかに夕食。
 
そして実家に住んでいた頃の自室にて、こうやって日記を更新しております。思えば20年前は、この部屋のここでプチ日記を書いてアップしていたんだなーと、軽い感慨があるような無いような(笑)。

 そして新年ということで、このページも昨年度分を過去ログ倉庫に入れました。今のところ、本日分のテキストと写真のデータ容量のみですので、モデム接続やISDN接続の方でも快適ですぞ!!


2020年1月〜2020年12月のプチ日記

Otearai Webの表紙へ